無料で相談できる!交通事故に強い弁護士事務所ナビ【東京編】

  • ヘッダー_イージス法律事務所
  • ヘッダー_丸の内ソレイユ法律事務所
  • ヘッダー_東京フォレスト法律事務所
 

交通事故被害者の味方!おすすめ弁護士事務所5選

法律事務所の中でも特に交通事故案件に強く、多くの実績を持っている弁護士事務所を比較検討できるサイトです。交通事故を弁護士に相談する上で知っておきたいことや、弁護士介入による解決事例も豊富に掲載しています。

まずは、解決事例や費用(相談料・着手金・回収額1000万円の場合の報酬例)、口コミ評価を元に、主に東京で活躍している弁護士事務所をご紹介します。

長 裕康弁護士

イージス法律事務所についてもっと詳しく見る

代表弁護士/長 裕康(おさ ひろやす)
所在地/東京都中央区銀座6-2-1 DAIWA銀座ビル3F
営業時間/9:00~20:00(土日祝日は要事前予約)
アクセス/東京メトロ「銀座駅」徒歩2分

相談料
無料(1回の相談時間は45分。相談は何回でも無料)

着手金
0円プランあり

報酬例 100万円
※回収額300万円まで…16%
※300~3000万円まで…10%、3000万円以上…6%

イージス法律事務所の解決事例

【保険会社提示額150万円→交渉後3,270万円】
実際の症状と認定された後遺障害等級に差があるため異議申し立てを行い、3等級アップに成功。
【保険会社提示額1,320万円→交渉後6,210万円】
当初、休業損害額・逸失利益額共に当初は低い金額を保険会社から提示されていたが、裁判所基準で算定し粘り強く交渉を続けた結果、4,890万円の増額を獲得。
【保険会社提示額215万円→交渉後1,020万円】
専業主婦が交通事故被害にあったが、休業損害額が認められてなかったので、主婦業を適正に評価するよう主張して増額に至った。

イージス法律事務所の口コミ評判

  • 以前裁判でお世話になったことがあり、交通事故の示談金交渉もお願いしました。思っていた以上に後遺障害認定や示談金がしっかりとれました。
  • 相談時間も45分と長く、しかも無料なので助かりました。着手金もかからず、報酬支払いは解決後というのも良心的です。
  • 交通事故の案件を数多く扱っているので、あらゆる事例に詳しく、示談金などの増額が期待できます。
  • イージス法律事務所はほかの事務所とり交渉力が高いのか、相手側に示談金を思っていたよりも上乗せしてもえらました。当たり前のことですが、ちゃんと約束を守ってもらえます。
  • 話を聞き流すことなく、丁寧に、かつ親身になって聞いてくれるので不安なくお願いできた。相手との交渉も安心して任せられます。
  • イージスにお願いしていたら、予想していた以上に後遺障害認定をしてもらえました。

<<解決事例と相談者の口コミをもっと見る>>

中里 妃沙子弁護士

丸の内ソレイユ法律事務所についてもっと詳しく見る

代表弁護士/中里 妃沙子(なかざと ひさこ)
所在地/東京都千代田区丸の内
営業時間/9:30~18:00(夜間・土日祝日は応相談)
アクセス/JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」より徒歩4分

相談料 / 無料

着手金 / 無料

報酬例 121万円
※21万円+賠償金の10%(税込)
※交渉・訴訟を問わず一律。
交通費・通信費・訴訟費用などの実費が必要

丸の内ソレイユ法律事務所の解決事例

【保険会社提示額600万円→交渉後1,800万円】
交渉の結果、慰謝料が保険会社が提示していた金額から1,200万円UPに成功。
【交渉の末、高額の休業損害額を獲得】
高所得者が事故。源泉徴収を元に交渉し、日当りの給与損害額を算出して休業損害165万円を獲得。
【当初認められなかった後遺障害14級を認定】
信号停止中に後ろから追突。弁護士に依頼することで当初認められなかった後遺障害14級の認定を受ける。

丸の内ソレイユ法律事務所の口コミ評判

  • 不幸な交通事故のなかで、丸の内ソレイユの弁護士に出会えたことは幸運でした。
  • 相談も丁寧で、弁護士先生の経験を通して親身に話してもらえました。示談金にも満足しています。
  • 丸の内ソレイユ法律事務所のおかげで、保険会社から当初提示された保険金より30万円弱も高い金額で和解することができ、感謝しています。
  • 精神的なフォローをはじめ、交通事故の相談をするのには相応の法律事務所だと思います。依頼者に寄り添って、同じ目線・立場から交通事故問題の解決を目指してくれるので心強かった。丸の内ソレイユ法律事務所に依頼してよかったです。

<<解決事例と相談者の口コミをもっと見る>>

小瀬 弘典弁護士

東京フォレスト法律事務所についてもっと詳しく見る

担当弁護士/小瀬 弘典(おぜ ひろのり)
所在地/東京都中央区八重洲
営業時間/10:00~20:00(平日)、10:00~18:00(土日祝)
アクセス/JR「東京駅」八重洲中央口から徒歩2分

相談料
初回1時間無料、2回目以降は30分5,000円(税別)

着手金 / 無料

報酬例 120万円
※20万円+回収額の10%(税別)、別途実費
※訴訟をする場合は訴訟着手金として25万円(税別)が原則必要

東京フォレスト法律事務所の解決事例

【保険会社提示額164万円→交渉後1,355万円】
自転車で横断歩道を走行中、 車と衝突。約1年間治療を行う。 任意保険会社からの当初提示額は約164万円。弁護士が介入した結果、後遺障害等級12級13号が認定され、自賠責保険金額224万円が支払われる。その後の示談交渉で約1,131万円の増額が決定。

東京フォレスト法律事務所の口コミ評判

  • 素人には難しい示談交渉もスムーズに運びました。こちらの弁護士に相談して良かったです。
  • 親身に対応していただき、示談金も増額できたので、信頼関係が築けました。
  • 丁寧な対応はもちろん、損害賠償に関する要点について、わかりやすく説明してもらえました。
  • こちらの望んでいたとおりの解決結果となり、とても満足しています。対応も親切で、本当に助かりました。
  • 法律のことはもちろん、保険のこともほとんどわかりませんでしたが、やさしく丁寧に説明してくれたのですごくわかりやすかったです。
  • 事前の準備不足のまま相談・依頼してしまいましたが、東京フォレスト法律事務所のみなさんに親切に応対してもらえました。無事、解決できほっとしています。

<<解決事例と相談者の口コミをもっと見る>>

石丸 幸人弁護士

*現在、業務停止です。
(2017年10月11日
~2017年12月10日)

代表弁護士/石丸 幸人(いしまる ゆきと)
所在地/東京都豊島区東池袋
営業時間/9:30~22:00(年末年始を除き年中無休)
アクセス/各線「池袋駅」から徒歩8分

相談料 / 無料

着手金 / 無料

報酬例 191万1,600円
※回収額300万円以下…25.92%(税込)
※300~3000万円以下…16.2%+291,600円(税込)

アディーレ法律事務所の解決事例

【保険会社提示額から2.2倍に】
後遺症慰謝料が、保険会社から提示された金額の2.2倍に増額。
賠償金は1,800万円以上に。
【入院慰謝料1.8倍、後遺症慰謝料が2.5倍に】
粘り強い交渉の末、入院慰謝料が1.8倍以上。さらに2.5倍の後遺症慰謝料を獲得。
【交渉の末、被害者の過失割合を減額】

被害者の過失割合を減らして、最終的には880万円以上の賠償金に。

アディーレ法律事務所の口コミ評判

  • 交通事故の際、かなり揉めたのでアディーレに相談しました。相談後速やかに解決まで進み非常に助かりました。
  • 弁護士の先生も事務員の方も説明がとても丁寧でわかりやすく非常に参考になりました。
  • ネットで相談後対応が早く担当の弁護士さんも感じがよかったです。保険会社の提示より大幅に多い賠償金を取れました。
  • アディーレ法律事務所は交通事故そのものの対応だけでなく、事故被害者の救済についても豊富な経験を持っているので安心して任せられました。
  • 交通事故でケガを負い、アディーレに相談することに。すると、事故の治療費や慰謝料だけでなく、後遺症の損害賠償や仕事の補償も勝ち取れ、金銭面では十分納得できる結果となりました。

平岡 将人弁護士

弁護士法人サリュについてもっと詳しく見る

代表弁護士/平岡 将人(ひらおか まさと)
所在地/東京都中央区銀座
営業時間/9:30~17:30
アクセス/東京メトロ「銀座駅」徒歩3分

相談料
無料

着手金
無料

報酬例 120万円
※20万円(税別)+賠償金の10%
※交通費・通信費・訴訟費用などの実費が必要

弁護士法人サリュの解決事例

【異議申立の結果、賠償金が6倍以上に】
後遺障害等級非該当の異議申立により、14級を認定。賠償金は6倍超に。
【交渉の末、障害認定を獲得】
非該当でもあきらめず異議申立を行い、肩関節唇損傷で12級13号を獲得。
【障害認定非該当→12級】
半月板損傷後の膝の可動域制限について、異議申立てをして非該当から12級へ。

弁護士法人サリュの口コミ評判

  • 顧問医もいて、医学的な観点からもサポートしてもらえました。
  • 示談までスピーディーに解決したのは、弁護士とスタッフがしっかりと連携していたからだと思っています。
  • 示談金が増額できて、悔しい思いが晴れました。相談して良かったです。
  • 交通事故に巻き込まれ、硬膜下出血や頸椎捻挫、胸骨骨折などの重症を負いました。後遺症も残り、十分な賠償をとれないと苦しかったのですが、サリュの弁護士さんのおかげで3,000万円の示談金・賠償金を勝ち取れました。
  • 最終的に、加害者側の保険会社が提示した示談金の3倍の額で決着することができ、サリュに依頼してよかったです。

<<解決事例と相談者の口コミをもっと見る>>

交通事故を弁護士に相談する上で知っておきたいこと

弁護士に交通事故の相談をするとき、気になるのは費用面。弁護士というと、どうしても高額報酬で敷居が高い印象があるでしょう。

「相談するだけでも1万円単位でお金がかかる」「依頼するかもわからないのにお金を取られる」といったイメージから、弁護士への交通事故の相談を選択肢から除外している人は少なくありません。確かに、以前は「相談30分5,000円」という規定がありました。ですが、現在はその規定も廃され、無料で相談できる弁護士事務所が増えてきています。

無料相談では相手側との交渉や示談金の増額、弁護士報酬など、さまざまなことを相談できます。相談したうえで、その事務所に依頼るのかどうかを判断できるため、無料相談はぜひ活用したいところ。

「日弁連交通事故相談センター」や「交通事故紛争処理センター」でも交通事故の相談はできますが、対応できることに限度があるため、やはり弁護士に相談するのがベストです。弁護士との無料相談で知ることができることや、交通事故発生~示談までの流れを紹介していくので、ぜひ押さえておきましょう。

「交通事故を弁護士に相談する上で知っておきたいこと」の詳細はこちら >>

弁護士に依頼するメリット

交通事故の解決を弁護士に依頼するメリットはいくつかありますが、なかでも大きいのは、賠償金や慰謝料の増額が見込めるという点。個人で交渉にあたるよりも多額の賠償金・慰謝料を得ることが可能です。

また、複雑で煩わしい交渉を、弁護士が一手に引き受けてくれる点もメリットでしょう。自身で対応するとなると、奪われる時間や労力、受ける精神的ストレスや肉体的疲労は想像以上。できるだけ早く弁護士に依頼することで、スムースに交渉を進めることができます。

弁護士以外にも、司法書士・行政書士などにも依頼できますが、それぞれに注意点がありますので知っておいてください。

「弁護士に依頼するメリット」について詳しく知りたい方はこちら >>

依頼の費用の相場とタイミング

前述のように、弁護士には費用が高いというイメージがあります。しかし、弁護士をうまく活用するためには、おおよその費用相場を把握しておくことが重要。

かつては、「日弁連報酬等基準規程」によって相談料や報酬などは一律で定められていましたが、規程は2004に廃止され、いまは各弁護士事務所に費用設定は委ねられています。相場としては、交通事故の場合、相談料は旧規程を踏襲して30分5,000円~のケースが多く、着手金は経済的利益額の10%が一般的。成功報酬は経済的利益の額によって割合が異なります。

弁護士に依頼するタイミングとあわせ、その相場観をチェックしてみてください。

「依頼の費用の相場とタイミング」について詳しく知りたい方はこちら >>

交通事故に関わる保険

交通事故は保険と密接にかかわってきます。対象は人身事故のみで、強制保険ともいわれる自賠責保険。自賠責の対象範囲外をカバーする、随意契約の任意保険など、対物賠償保険や搭乗者傷害保険、自損事故保険などがあり、いざというときのために自分がどの保険に加入しているのかを把握しておきましょう。

また、無保険車傷害保険や弁護士費用特約など、知っておいて損はない情報についても紹介していくので、目を通しておくことをおすすめします。

「交通事故に関わる保険」について詳しく知りたい方はこちら >>

交通事故に関する用語集

交通事故の示談交渉では、さまざまな専門用語が出てきます。相手の保険会社担当者は当たり前のように専門用語を使ってくるので、自分で交渉する場合はことさら覚えておく必要があるでしょう。弁護士に依頼する場合はわかりやすく解説してくれますが、それでも避けては通れない専門用語は数多くあります。

免責証書や一括請求、交通事故証明、後遺症等級認定、後遺症障害の異議申立など、交通事故交渉で直面する主要な用語をピックアップしましたので、ぜひチェックしてみてください。

「交通事故に関する用語集」について詳しく知りたい方はこちら >>

交通事故時における弁護士基準の慰謝料

交通事故の慰謝料の算出には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士(裁判)基準があります。このなかでもっとも算出額が高いのが、弁護士基準。弁護士へ依頼すると、当然、この基準となるため高額な慰謝料を得られるわけです。「弁護士基準にしただけで100万円増額できた」というケースも珍しくはありません。

その計算方法とはどのようなものなのか。自賠責基準の例とともに、弁護士基準の計算方法をご紹介します。弁護士基準を適用すると、具体的にどれくらいの差が慰謝料に生まれるのかを知っておきましょう。

「交通事故時における弁護士基準の慰謝料」について詳しく知りたい方はこちら >>

交通事故を弁護士に相談する際の特約

保険に加入するさい、ぜひ結んでおきたいのが弁護士費用特約。この特約を結んでいるかどうかは、交通事故の交渉結果を大きく左右します。

弁護士費用特約とは、限度額までの弁護士費用を保険会社が負担してくれるという制度。そのため、契約者は出費0円で弁護士に交通事故の交渉を依頼することができるのです。こちらのページでは特約のメリットや加算される保険料はいくらか、自分に過失があった場合の利用の可否などをまとめています。保険契約の参考にしてみてください。

「交通事故を弁護士に相談する際の特約」について詳しく知りたい方はこちら >>

弁護士介入による交通事故解決事例

個人ではどうしようもなかったケースでも、弁護士に依頼したことで解決した交通事故交渉は枚挙がありません。こちらのカテゴリでは、よくある交通事故トラブルを例に、弁護士の介入によって問題が解決したケースを紹介していきます。

示談成立後に後遺障害が発現した事例、相手が過失を認めない事例などをピックアップ。弁護士による示談交渉の結果、賠償金・慰謝料がどれくらい増額できたのかなどを見ていきましょう。

弁護士を立てることで、自身がうけた精神的・肉体的苦痛や物質的損害はいくらくらいだったのか、障害等級はどれくらなのかが明確になります。報酬などの費用はかかっても、交通事故の問題解決を弁護士に依頼すべき理由が見えてくるはずです。

「弁護士介入による交通事故解決事例と」がもっと見たい方はこちら >>

示談成立後に後遺障害が発現

まず取り上げる事例は、示談が成立してから後遺障害が発現した会社事務員の女性のケース。手術が必要なほど症状が悪化し、弁護士に依頼したのは示談成立から数年後で、後遺障害認定を再度調査することに。しかし、加害者側はあらたな後遺障害を認めず、裁判で争うことになりました。

その結果、どの程度のの後遺障害が認定され、どのくらいの賠償額のアップを勝ち取れたのでしょうか。弁護士介入の経緯や科会社側との交渉の過程を見ていきましょう。

「示談成立後に後遺障害が発現」事例をもっと詳しく >>

保険会社が主張する障害等級が低い

こちらは、保険会社が主張する障害等級が低く、十分な補償が受けられずに困っていたケースです。トラックに追突されて複数の思い障害を負った20代の女性。ですが、保険会社が提示してきたのその症状よりも2ランクも軽い等級でした。

そこで弁護士に依頼してアドバイスをもらい、再検査をすることに。さらに、介護料も求めて交渉し、等級のアップとともに保険会社に認めさせることができたのです。その一連の家庭とともに、いったい派遣会社はどのくらいの示談金を支払うことになったのかを紹介していきます。

「保険会社が主張する障害等級が低い」事例をもっと詳しく >>

相手が過失割合を認めない

相手側が過失割合を認めないのは、交通事故の交渉でもっとも多いトラブルのひとつ。保険会社は少しでも被害者の過失割合を高めようとするため、なかなか折り合いがつかないことも珍しくありません。ミニバイクで事故にあったこちらの女性の場合も、後ろから追突されたにもかかわらず、2:8の過失割合を求められました。

当然、承服しかねて弁護士に依頼。それでも示談交渉では若干の譲歩しか引き出せず、裁判をすることに。果たして、その過失割合はどのような決着となったのでしょうか。よくあるケースでもあるので、ぜひ目を通してみてください。

「相手が過失割合を認めない」事例をもっと詳しく >>

交通事故に強い弁護士事務所一覧

イージス法律事務所

代表弁護士
長 裕康
所在地
東京都中央区銀座6-2-1 DAIWA銀座ビル3F
営業時間
9:00~20:00
(土日祝日は要事前予約)
アクセス
東京メトロ「銀座駅」から徒歩2分

丸の内ソレイユ法律事務所

代表弁護士
中里 妃沙子
所在地
東京都千代田区丸の内
営業時間
9:30~18:00
(夜間・土日祝日は応相談)
アクセス
東京メトロ「東京駅」から徒歩4分

東京フォレスト法律事務所

代表弁護士
小瀬 弘典
所在地
東京都中央区八重洲
営業時間
10:00~20:00(平日)
10:00~18:00(土日祝)
アクセス
JR「東京駅」から徒歩2分

アディーレ法律事務所

代表弁護士
石丸 幸人
所在地
東京都豊島区東池袋
営業時間
9:30~22:00
(年末年始を除き年中無休)
アクセス
JR「池袋駅」から徒歩8分

弁護士法人サリュ

代表弁護士
平岡 将人
所在地
東京都中央区銀座
営業時間
9:30~17:30

アクセス
東京メトロ「銀座駅」から徒歩3分

ベリーベスト法律事務所

代表弁護士
浅野 健太郎
所在地
東京都港区六本木1-8-7
アーク八木ヒルズ11F
営業時間
9:30~21:00(平日)
9:30~18:00(土日)
アクセス
東京メトロ「六本木一丁目駅」から徒歩4分

法律事務所オーセンス

代表弁護士
元榮 太一郎
所在地
東京都港区六本木4-1-4
黒崎ビル7F
営業時間
9:30~21:00
(土日相談可能)
アクセス
東京メトロ「六本木一丁目駅」から徒歩5分

アヴァンセリーガルグループ

代表弁護士
日向 祥子
所在地
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F
営業時間
24時間

アクセス
東京メトロ「西新宿駅」から徒歩7分

大本総合法律事務所

代表弁護士
大本 康志
所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー 17F
営業時間
24時間年中無休
アクセス
JR「東京駅」から徒歩2分

東京中央総合法律事務所

代表弁護士
河本 憲寿
所在地
東京都中央区銀座4-2-1
銀座教会堂ビル7F
営業時間
24時間(土日相談可能)
アクセス
東京メトロ「銀座駅」から徒歩1分

※このサイトで紹介している情報は、全て個人が集めた情報です。相談費用や所在地、実績といった最新の情報につきましては、各法律事務所の公式サイトにてご確認ください。