アヴァンセリーガルグループ

ここでは、東京・名古屋・大阪・福岡など全国に支店をもち、交通事故に強い弁護士が多数所属する法律事務所、アヴァンセリーガルグループの特徴や過去の解決事例などを紹介しています。

医学知識が豊富な専門弁護士がしっかりと担当

東京・名古屋・大阪といった主要都市だけでなく、全国対応で交通事故の法律問題を解決に導くアヴァンセリーガルグループ。

医学知識に詳しくなければ後遺障害等級は獲れないとの考えから、交通事故の相談・依頼には、「医療専門事業部」を設置して対応に当たっています。

全国規模で展開しているだけあって、専門弁護士とスタッフのマンパワーは他の追随を許しません。年間相談件数をみても10,921件(平成23年9月~平成26年6月実績)と数多くの顧客を抱えていることがわかります。

相談料・着手金が0円というのも、弁護士へ依頼する時の敷居が低くなっている要因でしょう。報酬は後払いでOK。しかも弁護士費用は、クレジットカード決済も可能だそうです。

ホームページ上で簡単に算出できる損害賠償額計算や後遺障害等級表も用意されています。

<<無料で相談できる!交通事故に強い弁護士事務所5選をチェック>>

交通事故における解決事例

【解決事例1】高額賠償を弁護活動により獲得
車対車での交差点での衝突事故。10級の後遺障害になってしまいました。それでも当初、相手方の示談提示額がありませんせんでした。アヴァンセリーガルグループに依頼したところ、交渉期間5ヶ月の末2,325万8,460円の高額賠償を得ることができました。

【解決事例2】当初示談提示額から 160万6,429円の増額
信号停止中に相手方の車が側面に接触。幸い後遺症はありませんでしたが、当初の示談金の提示額は27万1,560円でした。これではあまりにも少ないと思い、弁護士に相談。約3ヶ月の交渉期間で当初提示額から 160万6,429円の増額を獲得し、最終的には187万7,989 円で示談が成立しました。

アヴァンセリーガルグループ 概要

事務所の強み ◎交通事故に対応する専門の部署を設置。医学知識に明るい。
◎相談料・着手金無料。弁護士費用後払い。
◎年間相談件数1万件以上(平成23年9月~平成26年6月実績)。
代表弁護士紹介 日向祥子(交通事故事業部 部長)
学歴/早稲田大学 大学院法務研究科(法科大学院)
所属弁護士会/東京弁護士会

金崎浩之(医療事業部 部長)
学歴/京都外国語大学(英語専攻)卒業、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科(国際経済学修士)卒業、グロービス経営大学院(MBA)、順天堂大学医学研究科 在学中
所属弁護士会/東京弁護士会
※業務改革委員会事業継承部会 会員、会社法部 部員
所在地 東京本部/東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
受付時間 24時間
支部 埼玉、大阪、名古屋、宇都宮、横浜、福岡

無料で相談できる!交通事故に強い弁護士事務所5選