交通事故に強い弁護士事務所ナビ【東京編】 » 交通事故に強い弁護士がいる法律事務所一覧 » 東京中央総合法律事務所

東京中央総合法律事務所

ここでは、交通事故に強い弁護士がいる東京の法律事務所、東京中央総合法律事務所の特徴や過去の解決事例などを紹介しています。

交通事故に強い8名の弁護士が強力サポート

東京中央総合法律事務所では、交通事故を専門に手掛けていています。事務所内で勉強会を開催するなど精力的に取り組む姿勢やその誠実な対応ぶりが、相談に訪れる顧客からも評価を得ています。

例えば相談・打ち合わせから、自賠責保険への被害者請求、任意保険会社との示談交渉、訴訟等による解決に至るまで、全て弁護士が対応する徹底ぶり。事務スタッフに対応を任せるといったことはありません。

刑事記録の取り寄せ、事故現場へ出向いての検証、担当医との面談なども必要に応じて積極的に行い、適正な賠償を得るために戦ってくれます。

相談は初回45分まで無料。着手金も0円で引受けてもらえます。解決した時の弁護士報酬は、21万円+得られた金額の10.5%。損害賠償金の増加額が弁護士報酬を下回ってしまった場合は、増加額を超えた分の弁護士報酬は不要ということからも、誠意ある対応が伺えます。

交通事故における解決事例

【解決事例1】過失割合も主張が通って、50対50→20対80へ

歩道から降りて車道に立っていたところ、車にはねられ膝関節開放性骨折、右恥骨骨折、頭部打撲等を負った。通院中から弁護士がつき、通院及び後遺障害等級認定をサポートし、後遺障害等級10級の認定を得ることに成功。過失割合については当初相手方主張が50対50。弁護士が事故現場を調査して証拠を整えた結果、相手方の主張を覆し、過失割合20対80となり、最終的に3,495万円の賠償額を獲得できました。

【解決事例2】粘り強い交渉の末、示談金が約2倍にアップ

自転車で信号機のない交差点を横断中、左から直進してきた車と衝突して、膝・腰部打撲、腰椎捻挫を負いました。相手方の賠償額提示後に弁護士が介入。主な争点は、後遺症の逸失利益と傘差し運手による過失割合についてでした。判例調査及び裁判基準により粘り強く交渉を続けた結果、当初の提示額のおよそ2倍と大きな増額に成功しました。

相談者の口コミ

交通事故に強い弁護士の
リストを見てみる

東京中央総合法律事務所の事務所概要

事務所の強み

代表弁護士紹介

河本 憲寿
学歴/東京大学法学部
所属弁護士会/東京弁護士会
※東京弁護士会民事介入暴力対策特別委員会委員、東京弁護士会消費者問題特別委員会委員、東京弁護士会犯罪被害者支援センター相談員等歴任、現東京弁護士会綱紀委員会委員

所在地

東京都中央区銀座4-2-1 銀座教会堂ビル7F

受付時間

24時間(土曜・夜間も可能な限り相談受付)

対応エリア

全国