交通事故に強い弁護士事務所ナビ【東京編】 » 弁護士介入による交通事故解決事例

弁護士介入による交通事故解決事例

ここでは弁護士に相談できる交通事故の解決事例を紹介。後遺障害認定等級の説明や、認定の対象となる後遺障害についても解説しています。

交通事故で認定される後遺障害等級

交通事故で後遺障害を負ったことが認められると後遺障害認定がされます。該当する後遺障害は労災保険の障害認定の基準をもとに部位や程度によって1~14級までの等級に分類され、認定等級により慰謝料や逸失利益の金額が変わります。

ただしすべての後遺症が認められるわけではないため、認定されるケガや障害の種類をある程度理解しておく必要があります。そこで各等級の説明や遺障害等級認定に該当する症状や障害内容についてまとめました。

等級別の事例

ケガ別の事例