示談成立後に後遺障害が発現

ここでは、交通事故に巻き込まれ、一度は保険会社との示談が成立。その後、しばらく経ってから症状が悪化したケースを紹介しています。

被害者の属性と事故の様子

事故の被害者は、主婦業とともに会社事務員をしていました。

交通事故に遭遇し、腰部と膝関節の神経症状を患ってしまい病院に通院。その後、医師から14級の後遺障害との認定を受けて示談が成立しました。

しかし、示談後に膝関節の症状が徐々に悪化するという事態になってしまいました。半月板切除の手術などで通院し、治療をその後も継続。新たに変形性膝関節症との診断を受けるに至ったそうです。

弁護士事務所の介入

示談が成立してから6年後に初めて弁護士に依頼した被害者。症状悪化による後遺障害認定を再度調査することになりました。

弁護士により、改めて等位障害認定手続きをとり、自賠責との膝部挫傷後の変形性膝関節症が認められるという成果を獲得。

同部位に症状が遺残・増悪したとして「局部に頑固な神経症状を残すもの」として、12級の後遺障害があらためて認定されました。

【結果】損害賠償額300万円が約1,000万円にアップ

被害者の女性が改めて弁護士と相談し、前記後遺障害に基づく損害賠償請求の訴えを提起することになりました。

加害者サイドは、変形性膝関節症は認められないと主張。本件事故による損害は約300万円であるとして法廷で争うことになりました。

結果として裁判所が下した判断は、本件事故による変形性膝関節症を認め、被害者の損害額を約1,000万円とする和解案が提示されて示談が成立することとなりました。

無料で相談できる!交通事故に強い弁護士事務所5選