交通事故に強い弁護士事務所ナビ【東京編】 » 弁護士介入による交通事故解決事例 » 等級別の事例

等級別の事例

ここでは交通事故による後遺障害等級の種類や等級ごとの認定される症状の違いなどについて解説しています。

交通事故による後遺障害等級と保険金上限額

交通事故による後遺障害は労災保険の障害認定の基準をもとに部位や程度によって1~14級までの等級に分かれています。その中で2級と1級に関しては要介護と介護を要しないもの2種類があります。

14~10級までもっと詳しく見る

9~5級までもっと詳しく見る

4級の交通事故をもっと詳しく見る

3級の交通事故をもっと詳しく見る

2級の交通事故をもっと詳しく見る

1級の交通事故をもっと詳しく見る

後遺障害等級に関しては等級の違いや交渉により保険金額に大きな差が生じるため弁護士等の専門家に相談することをおすすめします。