交通事故に強い弁護士事務所ナビ【東京編】 » 弁護士介入による交通事故解決事例 » 等級別の事例 » 14~10級

14~10級

ここでは交通事故による後遺障害の認定等級(14~10級)についての主な障害内容や慰謝料の目安、事例などを紹介しています。

等級別の後遺障害の内容

交通事故による後遺障害とは事故によるケガや病気の治療後も身体に残っている障害のことを言います。医学的に交通事故が原因であると証明され労働能力の低下が認められた場合に認定されます。

労災保険の障害認定の基準をもとに部位や程度によって1~14級までの等級に分かれていますが、ここでは14~10級までの概要をご説明します。

14級

眼や耳、歯、指の障害や手足などに残った傷など1号から9号まで分類され、労働能力喪失率は5%。

軽度のむち打ち症や3歯以上に対し歯科補綴を加えたものなど後遺障害レベルは14種類ある中で最も軽いものです。自賠責基準の慰謝料は32万円、支払限度額は75万円に設定されています。

14級の事例

併合14級

自営業者の休業損害について、粘り強く交渉し、大幅な増額に成功!

<埼玉県・男性・30代・自営業>

最終示談金額:380万円
後遺障害等級:併合第14級

事故の状況

Aさんの運転する自動車が停車中、加害者の運転するトラックが後方より追突し、Aさんは頸椎捻挫及び腰部打撲傷等の傷害を負いました。

傷病名:頚椎捻挫、腰椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

逸失利益について粘り強く交渉し、十分な金額を獲得

<北海道・男性・40代・会社員>

最終示談金額:467万5617円
後遺障害等級:併合14級

事故の状況

依頼者様が通勤中に、信号を無視した加害者に交差点で追突をされ、頸部、胸部に傷害を負われ、右手も骨折し、日常生活と仕事に大きな影響が出てしまいました。

傷病名:外傷性頚部症候群、右肩捻挫、右手背神経損傷(後遺障害診断書の記載漏れとして右第3中手骨遠位端剥離骨折)

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

異議申立が認められ、併合14級が認められた事例

<神奈川県・女性・40代・自営業>

最終示談金額:324万9320円
後遺障害等級:併合14級

事故の状況

Aさんは、信号待ちで停車中、居眠り運転の自動車に後方から追突されました。

傷病名:頚椎捻挫・腰椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

家事従事者としての休業損害をしっかりと請求!総額400万円を獲得!

<広島県・女性・50代・主婦>

最終示談金額:400万
後遺障害等級:併合14級

事故の状況

Tさんがコンビニの駐車場を歩いていたところ、後方への注意を怠った車が急にバックしてきてTさんに衝突しました。Tさんは、車に衝突された際の衝撃と地面に倒れ込んだ衝撃で、いわゆるむち打ち(頚椎捻挫・腰椎捻挫)と、手首や膝への打撲というケガを負ってしまいました。

傷病名:頚椎捻挫・腰椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

保険会社提示額より約70万円の増額

休業損害、逸失利益、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料

性別:女性
年齢:30代
後遺障害等級
過失割合14級
10 : 0

187万円→260万円

事件内容 

Aさんは、家族の運転する車に同乗していたところ、前方不注意の車に追突されてしまいました。

この事故により、頚・腰椎捻挫の怪我を負いました。また事故による後遺症が残り、後遺障害等級第二併合第14級と判断されました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

高速道路出口で停車中後続車に追突された交通事故事例(後遺障害併合14級)

最終示談額

2,591,024円

交通事故の概要

Mさん(38歳/飲食業勤務)は、静岡県の高速道路を、自動車で通行後に出口に向かい、高速道路出口で停車中、前方不注視のトラックに、後ろから追突されました。
この交通事故で、Mさんは、首と腰にむち打ち症の傷害を負いました。

追突では、被害者が交通事故を防ぐことはできないので、相手方の加害者が100パーセントの過失となります。

この交通事故により、Mさんは、頚椎捻挫と腰椎捻挫の診断を受け、その後、約6ヶ月の治療の結果、治療終了となり、症状固定とされました。

治療終了後も、首と腰に痛みが残ったMさんは、相手方の任意保険会社を通じて後遺症認定請求を自賠責保険に行い、結果として、首と腰に後遺症14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定され、併合14級となりました。

後遺症14級が2つの併合では、等級は上がらず「併合14級」として「14級」の扱いとなります。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

上肢・手指捻挫 併合14級の後遺障害で320万円の増額で解決

ご依頼者 50代 パート

事故状況 バイク対車

受傷部位 肘、手指捻挫 等

後遺障害等級 併合14級

相談時

相手方保険会社から示談金として180万円の提示がありましたので、金額が適正かご相談にみえました。

解決

500万の支払いで解決(320万円の増額)
当事務所の対応 相手方保険会社の提示していた示談金は、保険会社独自の基準によるものでした。当事務所では、裁判所の基準に基づいて適正な賠償額を計算し、丁寧に交渉を重ねて解決に至りました。

本件で、最も増額したのは「休業損害」です。相手方保険会社は、被害者がパートをしていたことを理由に、パートの収入額に基づいて休業損害を計算していました。兼業主婦の場合、現実の収入と、専業主婦の休業損害を比較して、どちらか多い方を休業損害額とすることができます。

東京みずき法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

14級9号

異議申立が認められ、併合14級が認められた事例

<神奈川県・女性・40代・自営業>

最終示談金額:324万9320円
後遺障害等級:併合14級

事故の状況

Aさんは、信号待ちで停車中、居眠り運転の自動車に後方から追突されました。

傷病名:頚椎捻挫・腰椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

異物損から人的損害までトータルに解決!まずは弁護士に相談を!

<神奈川県・男性・20代・会社員>

最終示談金額:398万7750円
後遺障害等級:14級9号

事故の状況

Rさんがバイクで片側2車線の国道の追越車線を走行中、反対車線から転回しようとした車両が目の前に飛び出てきて避けきれずに衝突。Rさんは右足と右手を骨折するという大怪我を負ってしまいました。

傷病名:右大腿骨骨幹部骨折・右上腕骨脱臼骨折

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

家事従事者(主婦)として130万円近い休業損害を含めた総額410万円を獲得!

<愛知県・女性・40代・パート・アルバイト>

最終示談金額:410万円
後遺障害等級:14級9号

事故の状況

Mさんは、赤信号により交差点で停車していたところ、後方から前方不注意で突っ込んできた車にぶつけられ、頚椎捻挫を負ってしまいました。

傷病名:頚椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

整骨院中心の通院だが異議申し立ての結果、14級が認定された事例

<神奈川県・男性・60代・その他>

最終示談金額:405万円
後遺障害等級:14級9号/p>

事故の状況

自動車を運転していたKさんが停車していたところ、加害者の運転する自動車に追突されてしまいました。物損の被害自体はバンパーがへこんだ程度でした。

傷病名:腰椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

むち打ち(14級)で総額400万円以上の賠償金を獲得した事案

<神奈川県・男性・50代・会社員>

最終示談金額:475万円
後遺障害等級:14級9号

事故の状況

Aさんは、高速道路で渋滞により停車中、前方不注意の自動車に追突されました。

傷病名:頚椎捻挫

ベリーベスト法律相談所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

損害賠償請求630万円で和解成立

性別:男性
年齢:50代
職業:会社員
後遺障害等級:12級 0号
過失割合 10 : 0

二輪車に乗っていたAさんが交差点で右折待ちをしていたところ、対向車線からハンドル操作を誤ったB車が車列に突っ込んできました。この事故でAさんは左脚の開放骨折の大怪我を負い、12級の後遺障害認定を受けてしまいました。

事件内容

Aさんは交差点で右折待ちをしていました。そこへ対向車線からやってきたBがハンドル操作を誤り、B車が右折待ちの車列に突っ込みました。衝突された前の車がこの反動で後退し、Aさんとバイクに乗り上げ、Aさんは車の下敷きになりました。Aさんは一命を取り留めたものの、左脚の開放骨折の大怪我を負いました。

ここの事故により、Aさんは2か月の入院、1年間の松葉杖によるリハビリの生活を送ることとなりました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

損害賠償額として350万円を獲得

性別:男性
年齢:30代
職業:運送業
過失割合 10 : 0

Aさんは運転中、大通りを右折するために一時停止していました。そこへ加害者の運転する車が後方から追突し受傷。Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫などの怪我を負いました。

256万→350万

事件内容

Aさんは運転中、大通りを右折するために一時停止していました。そこへ、加害者Bの運転する車が後方から追突してきました。
この事故により、Aさんは首と腰に痛みを感じ、右手の握力が下がってしまいました。診断の結果、Aさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫などの怪我を負っていることがわかりました。
Aさんは、事故当時、運送業に従事していましたが、その日によって、雇用主が異なる雇用形態であったため、都度、休業損害証明書を受け取ることが困難でした。そのため、Aさんは満足のいく休業損害を保険会社から受けることができませんでした。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

保険会社提示額よりも100万円以上の増額

性別:女性
年齢:30代
職業:会社員
後遺障害等級:14級 9号
過失割合 10 : 0

Aさんが前方の車に続いて停車しようとしていたところ後方から車に追突され受傷。 Aさんは頸椎捻挫、右膝挫傷、腰椎捻挫の怪我を負い、後遺障害等級14級9号と判断されました

208万→370万

事件内容

Aさんは前方の車に続いて停車しようとしていたところ、後方から加害者の車が衝突してきて、車3台を巻き込む玉突き事故となりました。
この事故によりAさんは、頸椎捻挫、右膝挫傷、腰椎捻挫の怪我を負いました。また事故による怪我から後遺症が残り、後遺障害等級14級9号と判断されました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

後遺障害認定の異議申し立て

性別:女性
年齢:40代
職業:会社役員
過失割合 10 : 0

Aさんは、渋滞停車中に後方から相手の車に追突され、受傷。この事故によって、全治3ヶ月の怪我を負いました。

44万円→61万

事件内容

Aさんは運転中、前方が渋滞していたため、しばらく停車していたところ、後方から相手の車に追突されました。
しかし、事故当時、Aさんは海外から日本に移住したばかりで、引越しや仕事の都合上、十分な通院を続けることができず、その結果、後遺障害認定を受けることができませんでした。
事故をきっかけに、首や手足が痺れるようになり、日常生活に支障をきたすようになっていたAさんは、保険会社から提示された損害賠償額に納得ができませんでした。
そこで、Aさんは、適正な損害賠償額を得るためのサポートを求め、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

弁護士交渉により、適正な賠償金を主張、獲得

性別:男性
年齢:30代
職業:自営業
過失割合 10 : 0

車を運転していたところ、突然、車線変更してきた車と接触し受傷。この事故により、飲食店の開業が2週間ほど遅れ、Aさんは多大な損害を被りました。

160.8万→175.8万

事件内容

飲食店の開業を間近に控えていたAさんが自家用車を運転中、並走していたBさんの車が後方確認もせず、Aさんの走行する右側車線に突然、入り込もうとしてきました。
Aさんは、注意を促すために、急ブレーキとともにクラクションを鳴らしましたが、Bさんはそれに気づかず、そのまま右側車線に車線変更をしてきました。
その結果、Aさんの車とBさんの車が接触し、Aさんの車の車体は損傷してしまいました。さらに、この事故でAさんは首と肩、背中にかけて鈍い痛みを感じるようになり、通院を余儀なくされました。
Aさんは車の修理代については保険会社からきちんと賠償金を受け取ることができましたが、人損についてはその金額をめぐり、保険会社との間で意見の対立がありました。
適切な賠償金を支払ってもらいたいと考えたAさんは、保険会社との交渉に備えて、当法律事務所に依頼することにしました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

損害賠償として90万円を獲得成功

性別:女性
年齢:30代
過失割合 8 : 2

一時不停止のままT字路に自転車で進入たところ、そこで直進して来た車と衝突し、受傷。
この事故により、腰部捻挫などの怪我を負いました。

なし→90万

事件内容

Aさんは、一時停止が必要なT字路にもかかわらず、不停止のまま自転車で進入しました。
Aさんは、直進してきた車と衝突し、腰部捻挫、左肩打撲、左大腿部打撲の怪我を負いました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

休業損害 約40万円の増額成功

性別:女性
年齢:20代
職業:運送業
過失割合 10 : 0

Aさんは就業中、バイクで右折待ちをしていたところ、車に追突され受傷。
この事故により、頚椎捻挫と腰部打撲の怪我を負いました。

193万→232万

事件内容

運送業を営むAさんはバイクで配達中、道路反対側の家に配達しようと右折待ちをしていたところ、わき見運転をしていたBさんの車に追突されました。
Aさんは後遺症をともなうまでの大怪我には至りませんでしたが、この事故によって、Aさんは頚椎捻挫と腰部打撲の怪我を負いました。
Bさんのよそ見が事故の原因であることが明らかであったので、AさんはBさんからしっかりと賠償金を支払ってもらいたいと考えていました。
しかし、保険会社との交渉や対応に困り、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

損害賠償額30万円増額、示談成立

性別:男性
年齢:60代
職業:会社員
後遺障害等級:14級 9号
過失割合 0 : 10

停車中、後ろから追突され受傷。この事故により、頸椎部などにケガを負いました。

444万→474万

事件内容

Aさんは勤務中、ホテルの駐車場に停車、待機していました。そこに、Bさんが運転する車が後ろから追突してきました。
その衝撃は、Aさんの車のブレーキがかかっていたにもかかわらず、約4、5メートル押し出されるほどでした。
この事故により、Aさんは頸椎や肋骨に怪我を負い、通院を余儀なくされました。また、後遺症と思われる体の不調が続き、以前のように仕事をすることが難しくなってしまいました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

弁護士の適正な立証と交渉で慰謝料獲得

性別:男性
年齢:50代
職業:柔道整復師
過失割合 10 : 0

高速道路の渋滞で停止していたところBさんに追突されました。
この事故で6箇所の部位に傷害を負いましたが、保険会社から保険料の支払いを拒絶されました。

なし→190万

事件内容

Aさんは渋滞で止まっていたところ、Bさんが運転する自動車に後ろから追突されました。
Bさんの自動車が大型だったこともあり大きな衝撃を受けました。この事故でAさんは頚椎捻挫、腰椎捻挫など、6箇所の部位にケガを負いました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

損害賠償額1.2倍、約30万円の増額

性別:男性
年齢:40代
過失割合:10 : 0

オートバイで直進中、停止に向けてブレーキを踏んで減速したところ、前方不注意の車両に追突され受傷。
頚椎捻挫、手関節部挫傷、頭部打撲のケガを負いました。

約77万→約110万

事件内容

Aさんはオートバイで直進していたところ停車に向けてブレーキを踏み減速したところ、前方不注意の車両に追突されました。
Aさんはこの事故で頚椎捻挫、手関節部挫傷、頭部打撲のケガを負いました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

横浜市の交差点で信号待ち中に追突され首腰等むちうち症、後遺障害14級認定の交通事故事案

傷害状況:頚椎・胸椎・腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:約7ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:約1ヶ月

3,100,302円→3,100,302円

交通事故の概要

Iさん(60代・男性)は、神奈川県横浜市内にて、中央分離帯のある片側三車線の道路を運転中、交差点で信号待ちのため、前方の自動車複数台に続いて停車していたところ、前方不注意の後続車に追突されてしまいました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

出会い頭交通事故の示談金が約69万円増額した事案(後遺障害14級9号)

傷害状況:腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:通院9.4ヶ月
解決方法:交渉による示談 交渉期間:約1.5ヶ月

750,000円→1,448,690円

交通事故の概要

Oさん(42歳)は、静岡県浜松市で、自転車で走行中、交差点で自動車と出会い頭に衝突し、腰に傷害を負いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

追突交通事故事例・弁護士交渉により示談金が倍増 (後遺障害14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:6.1ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:約3週間

1,571,899円→3,015,861円

交通事故の概要

Mさん(46歳 会社員)は、休日に千葉県内を自動車で走行中に一時停止したところ、前方の確認を怠り、ブレーキが遅れた自動車に追突され、首にむち打ち症の傷害を負いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

高速道路渋滞で停車中に前方確認を怠った車に追突された事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:7.1ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:7日

1,275,000円→2,502,635円

交通事故の概要

Rさん(38歳/自営業)は、観光のため、福島県内の高速道路を自動車で走行中、前方に渋滞があったため、停止したところ、前方の確認を怠って制動措置(ブレーキ)が遅れた自動車に追突され、首や腰にむち打ち症の傷害を負いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

むちうちで後遺症慰謝料が2.4倍に増額した追突事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:10ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:3週間

2,244,455円→3,620,437円

交通事故の概要

Mさん(55歳/税理士)は、東京都江戸川区江戸川6丁目の路上にて信号待ちで停車中、後方から走行してきた、前方不注意の自動車に追突されるという、交通事故に遭いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

高速道路パーキングエリア入口で追突され、むちうち症(頚椎捻挫)となり、後遺症が認定された事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:9.2ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:3週間

2,116,711円→3,706,950円

交通事故の概要

Mさん(42歳/主婦)は、神奈川県の高速道路上にて渋滞していたパーキング入り口で、脇見運転のトラックにノーブレーキで追突されました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

会社退職後の主婦としての休業損害も認定された追突事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫、腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:6.6ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:1ヶ月

1,470,575円→3,492,725円

交通事故の概要

東京都世田谷区路上にて、Rさん(40代/会社員・主婦)が自動車を運転中、信号待ちで停車したところへ、前方をよく見ていなかった後続車が追突してきて、負傷した交通事故の事例です。
この交通事故でRさんは、むちうち症(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の傷害を負い、6.6ヶ月間治療を受けました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

弁護士基準の慰謝料で示談成立した追突事故 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺症認定:後遺症14級9号
治療期間:7.6ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:1ヶ月

1,491,700円→2,521,035円

交通事故の概要

東京都目黒区の路上にて、Uさん(会社員)がご家族の運転する自動車に同乗中、前方不注視の後続車に追突されて、負傷した交通事故の事例です。
この交通事故により、Uさんは、むちうち症(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の傷害を負い、治療期間は7.6ヶ月を要しました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

交差点で停車中、脇見運転の後続車に追突され、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:7.2ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:1.5ヶ月

1,768,433円→2,692,574円

交通事故の概要

東京都杉並区の路上にて、Zさんが仕事中に自動車を運転し、交差点で停車したところへ、後続車がわき見運転によりブレーキを踏み損ねて追突してきた交通事故事例です。
この事故により、Zさんは、むちうち症(頸椎捻挫、腰椎捻挫)の傷害を負いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

友人の車に同乗中に追突されて頸椎ヘルニアとなった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎ヘルニアなど 後遺症認定:14級9号 治療期間:8.5ヶ月 解決方法:交渉による示談 交渉期間:2ヶ月

1,332,700円→2,359,681円

交通事故の概要

神奈川県・横浜市内の路上にて、友人の自動車に同乗してドライブ中に、一時停車していたところ、停止している自動車に気が付かなかった後続車に追突され、負傷した交通事故事例です。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

渋滞のため停車したところ追突され、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・腰椎捻挫等
後遺症認定:14級9号
治療期間:17ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:5ヶ月

1,792,000円→3,359,837円

交通事故の概要

東京・渋谷区の路上にて、自動車を運転中、前方が渋滞していたため停車したところ、後続車に追突をされ、負傷してしまった交通事故事例です。
この交通事故により被害者Nさんは、むちうち症(頸椎捻挫、腰椎捻挫)等の傷害を負い、症状固定まで17ヶ月間に及ぶ長期治療を要しました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

前方不注視の後続車に追突され、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・腰椎捻挫等
後遺症認定:14級9号
治療期間:12.7ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:3ヶ月

2,076,700円→3,709,027円

交通事故の概要

東京都港区の路上にて、自動車を運転中に、前方不注視の後続車に追突されて負傷した事例です。
この交通事故で被害者Sさんは、むちうち症(頸椎捻挫、腰椎捻挫)等の傷害を負いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

停車中に後続車がノーブレーキで追突、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・腰椎捻挫等
後遺症認定:後遺症14級9号
治療期間:8.5ヶ月相当
解決方法:交渉による示談
交渉期間:約1ヶ月

1,676,750円→3,072,640円

交通事故の概要

東京都中央区の路上で、自動車にて交差点で停車中、後続の自動車にノーブレーキで追突され負傷した交通事故事例です。
非常に激しい追突事故でしたが、被害者Gさん(50代・男性/会社員)は幸い入院は免れました。
しかし、むち打ち症(頚椎捻挫、腰椎捻挫)などの傷害を負い、8ヶ月半という長期間の通院を余儀なくされました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

バイク走行中、左折車両に巻き込まれ、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・腰椎捻挫等
後遺症認定:14級9号
治療期間:10.8ヶ月相当
解決方法:交渉による示談
交渉期間:2ヶ月

1,428,060円→2,525,516円

交通事故の概要

被害者であるFさん(20代・男性/会社員)は、東京都文京区の路上にて自動二輪車(バイク)で走行中、信号のある交差点で、突然左折した自動車に巻き込まれてしまいました。
この交通事故で、Fさんは首と腰を傷め、むち打ち症を負ってしまいました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

渋滞で停車中、後続車に追突され、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:1年9ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:1ヶ月

1,448,667円→3,110,268円

交通事故の概要

東京都台東区の路上にて自動車を運転中、渋滞で停車していたところ、前方不注意の後続車に追突され、むちうち症(頸椎捻挫等)を負った交通事故事案です。
被害者Kさん(20代・女性/会社員)は、この交通事故により、重度の頸椎捻挫、いわゆる「むちうち症」を負いました。
1年9ヶ月にも渡る長期治療を要し、症状固定となりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

前方不注視の後続車に追突され、むちうち症となった事例(後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:286日
解決方法:交渉による示談
交渉期間:2ヶ月

1,759,157円→3,350,000円

交通事故の概要

東京都江東区の路上にて、自動車を運転中、前の交差点が赤信号となったので停車し、青信号に変わるのを待っていたところ、まわりに気を取られて前方不注意だった後続自動車に追突された交通事故事例です。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

一時停止無視の車に側面衝突され、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状:頸椎捻挫・左肩挫傷
後遺症認定:14級9号
治療期間:286日
解決方法:交渉による示談
交渉期間:2ヶ月

2,052,383円→3,748,497円

交通事故の概要

東京都中野区の路上にて、自動車で走行中、交差点で一時停止無視の自動車に左側から衝突され、受傷した交通事故事案です。
この交通事故で被害者Uさん(60代・男性/自営業)は、頚椎捻挫のほか、左肩挫傷のケガを負いました。
治療に要した期間は286日で、その内267日の通院が必要でした。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

後続車に追突され、むちうち症や胸部打撲を負った事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頸椎捻挫・胸部打撲
後遺症認定:14級9号
治療期間:148日(内31日は入院)
解決方法:交渉による示談
交渉期間:1ヶ月

1,400,000円→2,478,478円

交通事故の概要

静岡県浜松市の路上にて、Uさん(40代・男性/会社員)が自動車で走行中、交差点の信号が赤信号となったので停止したところ、その直後に、停まりきれなかった後続車両に追突されて負傷したという交通事故事案です。
この交通事故で、被害者側Uさんは頚椎捻挫(むちうち)、胸部打撲の傷害を負い、31日間の入院を要した後、治療終了まで117日もの通院を行いました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

青信号を横断中に車にはねられた事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:右足関節脱臼骨折
後遺症認定:14級9号
治療期間:324日(内92日は入院)
解決方法:交渉による示談
交渉期間:1ヶ月

2,025,300円→3,370,192円

交通事故の概要

本件は、長野県上田市内の信号のある十字路交差点にて、歩行者が青信号の横断歩道を渡っている最中に、自動車にはねられてケガを負ったという交通事故で、被害者側には全く過失がない事例です。
交通事故の詳細としては、被害者側である歩行者のKさん(70代・男性/自営業)が、青信号の横断歩道を渡り始めたところ、横断歩道のなかば付近で、右折してきた自動車にはねられて転倒し、受傷。
病院に運ばれ、医師による診察を受けたところ、被害者Kさんのケガは、右足関節脱臼骨折と診断されました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

信号待ちで停車中に追突され、むちうち症となった事例 (後遺症14級9号)

傷害状況:頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺症認定:14級9号
治療期間:約8.8ヶ月
解決方法:交渉による示談
交渉期間:11日

2,353,654円→3,550,137円

交通事故の概要

島根県松江市内の路上を運転していたUさん(40代・男性/会社員)が、赤信号の交差点で停車し、信号が青に変わるのを待っていたところ、よそ見をしていた後続車に追突されてしまった、という交通事故事例です。
被害者Uさんは、この交通事故により、むちうち症(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の傷害を負いました。
約8.8ヶ月(実通院日数は105日)の通院治療を経て症状固定を迎え、自賠責保険に対して後遺症の認定請求を行ったところ、後遺症14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

むちうちで後遺障害等級14級の認定を受け、520万円で解決

ご依頼者:50代 自営業

事故状況:車対車

受傷部位:頚椎捻挫、腰椎捻挫、等

後遺障害等級 14級9号

相談時

3ヶ月治療したけれども一向に痛みがひかないため、後遺障害が心配だとご相談にみえました。

解決

後遺障害等級14級9号認定。520万円で解決

当事務所の対応

被害者の今までの治療状況から、後遺障害が残る可能性が高かったため、継続的に通院を重ねるように通院に関するアドバイスを詳細に行いました。症状固定後は、医師の協力の元、丁寧に後遺障害診断書を作成してもらい、後遺障害認定申請を行った結果、14級9号の認定を受けました。認定結果を元に相手方保険会社と交渉を重ね、解決に至りました。

東京みずき法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

頭部裂傷、頸椎・腰椎捻挫 40代会社員

ご依頼者:40代 会社員

事故状況:被害者、相手方共に自動車でした。

受傷部位:頭部裂傷、頸椎・腰椎捻挫

後遺障害等級 14級9号

相談時

保険会社から後遺障害の慰謝料として59万円の提示がありましたので、金額が適正かご相談にいらっしゃいました。

解決

逸失利益24万円⇒110万円
後遺障害慰謝料35万円⇒110万円
合計220万円で和解(約4倍の161万円の増額)。

当事務所の対応

今回提示のあった保険会社の金額は、保険会社の基準でした。弁護士が請求する基準と比べて相当に低い金額である事は一目瞭然でしたので、交渉の余地があると判断してその旨ご説明し、ご依頼いただきました。逸失利益の労働能力喪失期間が1年で計算されている事、後遺障害慰謝料が裁判で認められる水準より大幅に低い事を元に金額の交渉を重ねて和解に至りました。

東京みずき法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

14級8号

損害賠償総額は約200万円増額

性別:男性
年齢:20代
職業:自営業
後遺障害等級:14級 9号
過失割合:10 : 0

友人の運転する車に乗っていたAさんは、右折するため一時停止中に追突され受傷。
頸椎捻挫、腰椎捻挫のケガを負いました。

345万→550万

事件内容 

Aさんは友人が運転する車に乗っていた際、右折で一時停止中に、Bさんが運転する車に追突されてしまいました。この事故で、頸椎捻挫、腰椎捻挫のケガを負いました。

これにより、Aさんは痺れなどの症状が残り、後遺症14級9号の判断を受けました。

法律事務所オーセンスより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

13級

眼や歯、手足、腹部などに残った傷や障害など1号から14号まで分類され労働能力喪失率は9%に設定されています。

1眼の視力が0.6以下になる、胸腹部臓器の障害など後遺障害レベルとしては軽度になり、自賠責基準の慰謝料は57万円、支払限度額は139万円です。

13級の事例

13級5号

歯牙欠損により後遺障害等級13級を獲得。550万円で解決。

ご依頼者 30代 会社員

事故状況 歩行者対車

受傷部位 足指切断

後遺障害等級 併合11級

相談時

治療が終了したため、後遺障害等級の認定を受けたいとご相談にみえました。

解決

後遺障害等級13級5号認定。550万円の支払いで解決。

当事務所の対応

事歯牙欠損障害で後遺障害等級の認定を受けた場合、認められにくい損害の賠償が逸失利益です。

本件ではこの逸失利益についても粘り強く交渉をし、逸失利益に相当する損害の賠償として120万円を加算した内容で示談に至りました。

東京みずき法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級

眼や耳、歯、手足に残る障害や鎖骨・胸骨など骨の変形など1号から9号まで分類され、労働能力喪失率は14%。

後遺障害認定の判断が難しいことも多く、重いむち打ち症や1眼の眼球に著しい運動障害を残すなどが該当。自賠責基準の慰謝料は93万円、支払限度額は224万円です。

12級の事例

併合12級

示談金が比較的高額でしたが、スピード解決ができました。
<兵庫県・男性・40代・会社員>

最終示談金額:1287万9906円
後遺障害等級:併合12級

事故の状況

Yさんはバイクで直進中、前方を走行していた車が突然左折してきたため接触、転倒しました。左肩や右膝の骨折で入院後、左肩についてはプレートで固定することになりました。

傷病名:左肩鎖関節脱臼、右膝関節内骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級相当

足首の可動域制限等で適切な等級を獲得し、賠償額が激増!
<千葉県・女性・60代・学生>

最終示談金額:954万円
後遺障害等級:12級相当

事故の状況

自転車を運転していたNさんは、側道から本線に出ようとしていたタクシーの後ろを通行していたところ、いきなりバックしてきたタクシーに衝突され、左足第5中足骨骨折という重傷を負ってしまいました。

傷病名:左第5中足骨骨折、右膝関節捻挫

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

走行自転車の後部座席に座っていたところ後方から衝突された事例 (後遺症12級相当)

最終示談額

8,481,068円

傷害状況

脳神経麻痺

後遺症認定

12級相当

治療期間

約9ヶ月(内入院12日)

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約2ヶ月

交通事故の概要

東京都千代田区の路上にて、自転車の後部座席に乗って走行中に、自転車が前方で駐車中の車両を避けるため右側に寄った直後に、後続の自動車に衝突された交通事故事案です。

この事故で、Mさんは頭を打ち、脳神経麻痺となって嗅覚に障害が残りました。

治療は入院12日、通院回数は9日となっています。

通院終了後、Mさんは、ご自身で自賠責保険への後遺症被害者請求を行い、後遺症第12級相当(嗅覚障害)との結果が出ています。

その結果から、Mさんには、自賠責保険から自賠責基準での保険金が支払われましたが、相手方保険会社は、それ以上の補償を拒絶したため、Mさんは当弁護士に依頼することとなりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級14号

専門家のサポートで本人が思ってもみない後遺障害等級が認定されることも!
<群馬県・男性・未成年・学生>

最終示談金額:439万円
後遺障害等級:12級14号

事故の状況

事故当時6歳のK君が自転車で車道を横断しようとしたところ、前方不注意の自動車と衝突し、Kくんは右足首骨折と前額部挫創のケガを負ってしまいました。

傷病名:顔面部瘢痕

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

歩行中、自転車に衝突されて左前額部挫傷等を負った事例 (後遺症12級14号)

最終示談額

3,396,000円

傷害状況

左前額部挫傷ほか

後遺症認定

12級14号

治療期間

2年3ヶ月

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約1ヶ月

交通事故の概要

東京都大田区にて、道路の左側を歩いていた際、後方から、Jさんを追い越そうとした自転車に衝突されて負傷した交通事故事例です。

この交通事故でJさんの負った傷害は、左前額部挫傷、両膝打撲等でした。被害者であるJさんに過失はありません。

Jさんは、2年3ヶ月という長期の治療の末、症状固定となりました。

治療終了後、自賠責保険に後遺症の認定申請を行い、結果、外貌に醜状を残すものとして後遺症12級14号が認定されています。

Jさんは、その後、相手方の保険会社から提示された示談金額が「非常に低額」であると感じたことから、交通事故に強い弁護士を調べ、当弁護士への無料相談の後、依頼となりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

走行中、他の車に側面衝突されて、むちうち症となった事例 (後遺症12級14号)

最終示談額

7,191,500円

傷害状況

顔面醜状、腰椎及び頚椎捻挫

後遺症認定

12級14号

治療期間

治療期間203日
(実通院128日)

解決方法

交渉による示談

交渉期間

71日

交通事故の概要

東京都港区の路上にて、自動車を走行中に、道路脇の駐車場から突然飛び出してきた自動車から、自動車側面に衝突されたという交通事故事例です。

被害者Cさん(50代・男性/会社員)は、この交通事故により、被害者Cさんの顔面には醜状(しゅうじょう)が残り、そのほかに、むち打ち症(腰椎捻挫や頚椎捻挫)といった傷害を負いました。

醜状とは人目に触れる場所に残ってしまった傷跡のことを指します。例えば、線状の瘢痕などです。

詳しくは、「外貌醜状とは」の記事をご覧ください。

約7ヶ月の治療を経て症状固定を迎えた被害者Cさんは、自賠責保険に後遺障害認定請求を行い、後遺障害12級14号(外貌に醜状を残すもの)及び14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されています。

後遺障害が認定された後、被害者Cさんのもとに、相手方保険会社(加害者側)から示談案の通知が届きました。

顔面に醜状が残ってしまい、精神的ダメージも大きかった被害者Cさんとしては、相当な賠償金を受け取れるものと思っていましたが、相手方保険会社から提示された示談金額はきわめて低く、到底認められるものではありませんでした。

交通事故の賠償交渉は専門性が高く、被害者自身で満足な示談額に持っていくことは難しいと考えたCさんは、専門家である弁護士に交渉の依頼を決意。

交通事故を得意分野とする当弁護士のホームページを見つけ、無料相談を経て、ご依頼いただくこととなりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級13号

異議申立てが認められ後遺障害非該当が12級13号へと覆った事例
<愛知県・男性・40代・会社員>

最終示談金額:864万0000
後遺障害等級:12級13号

事故の状況

Oさんが自転車で歩道を走行中、脇道から出てきた普通乗用自動車と衝突。注意義務違反の程度など、事故態様に若干の争いがあり、過失割合にも争いがありました。

傷病名:右足関節脱臼骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

弁護士費用特約がなくても、事故直後であっても、まずは相談を!
<広島県・男性・60代・無職>

最終示談金額:749万円
後遺障害等級:12級13号

事故の状況

Hさんは、自転車に乗って横断歩道を渡っていたところ右折してきた乗用車に轢かれてしまい、車との衝突と道路に投げ出されたことで頭と全身を強く打ち、頭部外傷(硬膜外血腫)と腓骨骨折等の重傷を負ってしまいました。

傷病名:左硬膜外血腫、左腓骨骨折、外傷性テンカン

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

被害者請求による自賠責保険金と合わせ支払額が大幅にアップしました!
<三重県・男性・20代・会社員>

最終示談金額:988万352円
後遺障害等級:12級13号

事故の状況

信号機のない交差点にて、直進車同士が出会い頭に衝突した交通事故です。お客様が優先道路かつ自動二輪車でしたので、ほとんどが相手方の過失という事故の扱いになりました。

傷病名:右腓骨遠位端骨折・右脛骨天蓋骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

不十分な後遺障害診断書への対応を行い、妥当な等級の獲得
<北海道・女性・70代・無職>

最終示談金額:844万円
後遺障害等級:12級13号

事故の状況

被害者様は、ショッピングセンターの駐車場内の横断歩道を歩行していたところ、車にはねられ右足を骨折し入院をされました。

傷病名:右脛骨近位端粉砕骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

頭部打撲、外傷性頚部症候群、右手打撲 40代会社員

ご依頼者 40代 会社員

事故状況 被害者はバイク、相手方は自動車でした。

受傷部位 頭部打撲、外傷性頚部症候群、右手打撲

後遺障害等級 12級13号

相談時

保険会社から慰謝料として404万円の提示がありましたので、金額が適正かご相談にいらっしゃいました。

解決

入通院慰謝料62万円⇒132万円
逸失利益249万円⇒707万円
後遺障害慰謝料93万円⇒230万円
合計1069万円で和解(約2.6倍の665万円の増額)。

当事務所の対応

今回提示のあった金額は保険会社の基準でした。弁護士が請求する基準と比べて相当に低い金額であることは一目瞭然でしたので、交渉の余地があると判断して、その旨ご説明し、ご依頼いただきました。逸失利益の労働能力喪失期間が3年で計算されている事、後遺障害慰謝料が裁判で認められる水準より大幅に低い事を元に金額の交渉を重ねました。最終的に逸失利益は10年、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料は2倍の金額で和解に至りました。

東京みずき法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級10号

事前提示額の2倍以上の賠償額で示談することに成功!
<山形県・男性・40代・会社員>

最終示談金額:596万1404円
後遺障害等級:12級10号

事故の状況

信号機のない十字路交差点において、Sさんが片側2車線の優先道路を直進していたところ、非優先道路から優先道路へ右折を試みた車の運転手の前方不注視により、Sさんの車に気付かないまま衝突されてしまいました。

傷病名:左中指中節骨骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級8号

妻と2人暮らしで家事を行っていた高齢の被害者(夫)の逸失利益が認められた事例
<山梨県・男性・80代・無職>

最終示談金額:513万5678円
後遺障害等級:12級8号

事故の状況

Aさんは、歩いて車道を横断していた際、同車道を走行してきた前方不注視の車に衝突されてしまい、右脛骨骨幹部骨折、肋骨多発骨折、左母指中手骨解放骨折などの大変大きな怪我をしてしまいました。

傷病名:左母指中手骨開放骨折、高エネルギー外傷、多発性外傷、肋骨多発骨折、右頸骨骨幹部骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級7号

バイクで走行中にタクシーに追突された交通事故、後遺障害慰謝料が3倍に増額(後遺症12級7号)

最終示談額

14,183,483円

傷害状況

右足関節脱臼骨折ほか

後遺症認定

12級7号

治療期間

1年4ヶ月

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約2ヶ月

交通事故の概要

Aさん(50代・男性/ホテル勤務)は、埼玉県和光市内の二車線道路をバイクで走行中、交差点の手前で、前方不注視のタクシーに後ろから追突されてしまいました。

その衝撃で、被害者Aさんの身体は、乗っていたバイクごと反対車線に飛ばされ、右足首の脱臼、粉砕骨折などの重傷を負いました。

被害者Aさんは、事故直後、救急車で病院に運ばれ、その当日から入院治療が始まりました。

ケガの度合いが非常に重かったため、複数回の手術を要し、1年4ヶ月もの治療を経て、症状固定となりました。

症状固定後、被害者Aさんは、相手方任意保険会社を通じて、自賠責保険に対し、後遺障害の等級認定請求を行いました。

その結果、被害者Aさんの後遺障害は、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として、第12級9号が認定されています。

被害者Aさんは、本件交通事故による右足の後遺障害により、勤務先ホテルでのサービス業務遂行に支障が出る状態となりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

バイクで走行中、信号無視の自動車に衝突された交通事故事案(後遺障害12級7号)

最終示談額

31,160,000円

傷害状況

左足関節骨折

後遺症認定

12級7号

治療期間

約14ヶ月

解決方法

交渉による示談

交渉期間

0.5ヶ月

交通事故の概要

Yさん(40代・男性/勤務薬剤師)は、石川県金沢市内をバイクで走行中、信号のある交差点に差しかかった際、信号無視で交差点に進入してきた自動車に衝突されました。

交差点での交通事故ですので、Yさんにも過失がでるのが通常ですが、赤信号無視の場合は、相手方の過失100パーセントとなり、Yさんには過失が認定されません。

この交通事故によるYさんの受けた傷害は、右足関節の骨折が主たるものです。

Yさんは、入院2.9ヶ月、通院約11ヶ月(合計約14ヶ月)にわたる骨折治療の末、症状固定となりました。

治療終了後、右足関節の可動域に制限が残ったため、相手方任意保険会社を通じて自賠責保険への後遺障害認定申請を行い、その結果、Yさんには後遺症12級7号(1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)が認定されました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

歩行中、無灯火の自転車に衝突され大腿骨転子部骨折等を負った事例 (後遺症12級7号)

最終示談額

4,367,477円

傷害状況

右大腿骨転子部骨折・両手関節打撲傷

後遺症認定

12級7号

治療期間

入院72日含め半年

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約3ヶ月

交通事故の概要

Sさん(20代・女性)は、東京都足立区の路上にて、夜間に徒歩で帰宅中に、後ろから高速度で走行してきた自転車に衝突され、負傷しました。

自転車は無灯火運転でしたので、Sさんは、後ろから来た自転車に気付くことができず、避ける間もない突然の交通事故でした。

この交通事故で、Sさんは、右大腿骨転子部骨折、両手関節打撲傷という重傷を負ってしまいました。

Sさんは、受傷後72日間もの長期間の入院を余儀なくされるほどの大きな傷害で、退院後の通院期間も含めて、約6ヶ月間の治療を行いました。

しかし、右下肢関節の機能は完全には回復せず、後遺症の認定申請を行った結果、後遺症12級7号(1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)が認定されました。

Sさんは、仕事が多忙で、相手方保険会社との交渉にかかわることが非常に負担であったため、お電話での無料相談を経て、当弁護士への依頼となりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級6号

後遺障害について詳細な検討、主張を行い、高額の賠償金を獲得した事例
<神奈川県・男性・20代・会社員>

最終示談金額:1083万4016円
後遺障害等級:12級6号

事故の状況

Oさんはバイクで片側1車線の道路を直進していたところ、路肩に停車していた車が、Oさんの前を直進する2台の車にしか注意を払わずOさんの存在に気付かなかったため、衝突してしまいました。

傷病名:右橈骨尺骨遠位部骨折、右足関節内果骨折、末梢神経障害

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

上肢機能障害 後遺障害等級12級が認められ賠償額が510万円増額

ご依頼者 60代 パート

事故状況 歩行者対車

受傷部位 上腕骨近位部骨折 等

後遺障害等級 12級6号

相談時

治療終了し、相手方保険会社から示談金として110万円の提示を受けていましたが、示談金の金額に納得がいかず、ご相談にみえました。

解決

後遺障害等級12級6号認定。620万円で解決(510万円の増額)

当事務所の対応

後遺障害等級認定を受けることができる可能性が高い検査結果だったため、示談に進む前に後遺障害認定申請を行ったところ、後遺障害等級12級6号の認定を受けました。相手方保険会社に対し、裁判所の基準に基づいて計算した賠償額を提示し、丁寧に交渉を重ねて解決に至りました。

東京みずき法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級5号

歩行中、無灯火の自転車に衝突され大腿骨転子部骨折等を負った事例 (後遺症12級7号)

最終示談額

6,725,918円

傷害状況

右鎖骨骨折ほか

後遺症認定

12級5号

治療期間

6.4ヶ月

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約2ヶ月

交通事故の概要

Tさん(26歳/会社員)は、休日に神奈川県小田原市をバイクで走行中、信号のある交差点に差しかかった際、前方確認を怠り右折してきた自動車に衝突されました。

交差点での交通事故ですので、加害者に赤信号無視などの特別の事情がない限り、直進車であるTさんにも過失が認定されざるを得ません。

この交通事故の場合、Tさんの過失は基本的に15パーセントとなります。

この交通事故により、Tさんは、右鎖骨骨折及び右胸鎖関節脱臼という重傷を負い、6.4ヶ月の骨折治療の末、症状固定となりました。

治療終了後、鎖骨に変形が残ったTさんは、相手方任意保険会社を通じて自賠責保険への後遺障害認定申請を行い、その結果Tさんには後遺症12級5号(鎖骨に著しい変形を残すもの)が認定されました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

12級

示談内容の精査と適切な交渉により、短期間で示談額を500万円増額

Tさん(60代女性)は、丁字路交差点を横断中に自転車にぶつかられ、右脛骨骨折の怪我をされました。通勤中の事故だったため、Tさんは労災を利用して治療を受けていらっしゃいました。1年ほどの治療を経て、残った後遺障害の認定を労災に申請してみたところ、12級という等級が認められ、相手方任意保険より、等級に基づいた示談案の提示がありました。Tさんは、この金額が妥当なのか専門家に聞いてみたいと、サリュにお問い合わせくださいました。

サリュは相手方任意保険が示した示談案を精査し、提案額よりも500万円程度上がる可能性があるとTさんに説明しました。示談案では、後遺障害による逸失利益が低い基礎額から算定されており、家事従事者(兼業主婦)であるTさんの実情と異なっていたためです。

Tさんはその金額に驚かれ、やはり交渉はプロに任せた方がいいと、サリュに依頼することを決心されました。サリュは、すぐに相手方任意保険に受任通知を出し、資料を迅速に収集するとともに、Tさんのお仕事などを詳しく聞き取り、相手方任意保険に仕事への影響などを丁寧に示していきました。

相手方任意保険はサリュからの請求を大幅に認め、当初Tさんに説明していた通り、示談額を500万円ほど増額させることに成功いたしました。

Tさんは、サリュに依頼したことで、示談額が大幅に増額したこと、そして何より4ヶ月ほどの短時間で解決に至ることができたことを大変喜んでくださいました。

弁護士法人サリュより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

示談内容の精査と適切な交渉により、短期間で示談額を500万円増額

Tさん(60代女性)は、丁字路交差点を横断中に自転車にぶつかられ、右脛骨骨折の怪我をされました。通勤中の事故だったため、Tさんは労災を利用して治療を受けていらっしゃいました。1年ほどの治療を経て、残った後遺障害の認定を労災に申請してみたところ、12級という等級が認められ、相手方任意保険より、等級に基づいた示談案の提示がありました。Tさんは、この金額が妥当なのか専門家に聞いてみたいと、サリュにお問い合わせくださいました。

サリュは相手方任意保険が示した示談案を精査し、提案額よりも500万円程度上がる可能性があるとTさんに説明しました。示談案では、後遺障害による逸失利益が低い基礎額から算定されており、家事従事者(兼業主婦)であるTさんの実情と異なっていたためです。

Tさんはその金額に驚かれ、やはり交渉はプロに任せた方がいいと、サリュに依頼することを決心されました。サリュは、すぐに相手方任意保険に受任通知を出し、資料を迅速に収集するとともに、Tさんのお仕事などを詳しく聞き取り、相手方任意保険に仕事への影響などを丁寧に示していきました。

相手方任意保険はサリュからの請求を大幅に認め、当初Tさんに説明していた通り、示談額を500万円ほど増額させることに成功いたしました。

Tさんは、サリュに依頼したことで、示談額が大幅に増額したこと、そして何より4ヶ月ほどの短時間で解決に至ることができたことを大変喜んでくださいました。

弁護士法人サリュより引用

公式HPで
事例の詳細を見る

被害者 属性 年収 女性 会社員 330万円

事前提示額 62万円程度

過失割合 被害者20%加害者 80%

傷病名 12級頚椎捻挫 腰椎捻挫

入院日数 50日

通院期間/実通院日数 240日/30日

治療費 350,000円

入院雑費 87,000円

付添看護費 0円

通院費 67,000円

休業障害 70,000円

入通院慰謝料 1,100,000円

後遺症慰謝料 2,200,000円

後遺症過失利益 8,160,000円

過失相殺 △2,406,800円

合計 9,627,200円

大本総合法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

歩行中、無灯火の自転車に衝突され大腿骨転子部骨折等を負った事例 (後遺症12級7号)

最終示談額

8,217,305円

傷害状況

右肩鎖関節脱臼・頚椎捻挫・左背部挫傷

後遺症認定

12級5号

治療期間

476日

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約1ヶ月

交通事故の概要

Bさん(40代・男性/会社員)は、神奈川県横浜市内の幹線道路をバイクで走行中、側道から合流してきた自動車に接触されて転倒し、大ケガを負ってしまいました。

この交通事故で、被害者Bさんが負ったケガの傷害名は、右肩関節亜脱臼、頚椎捻挫、左背部挫傷です。

治療に要した期間は476日、実際に通院した日数は61日という、長期間の治療を要しました。

治療終了後、自賠責保険に後遺症の認定申請し、後遺症第12級5号(鎖骨に著しい変形を残すもの)が認定されました。

保険会社から送られてきた示談案は、自賠責保険の基準に少し上乗せした程度の提示額で、かなり低額なものでした。

そこで、Bさんは交通事故を得意分野とする弁護士に相談することを決意。

インターネット検索を経て、当弁護士のホームページを見つけ、お問い合わせをいただきました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

歩行中、無灯火の自転車に衝突され大腿骨転子部骨折等を負った事例 (後遺症12級7号)

最終示談額

8,708,229円

傷害状況

左大腿骨骨幹部骨折・外傷性嗅覚異常ほか

後遺症認定

12級5号

治療期間

476日

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約1ヶ月

交通事故の概要

福井県敦賀市の路上にて、自動2輪車で走行中、左側の路地から、一時停止を無視して飛び出してきた自動車に衝突された事例です。

この交通事故により、Aさん(40代・男性/会社員)は、左大腿骨幹部骨折、左尺骨遠位粉砕骨折、外傷性嗅覚異常の重傷を負い、症状固定まで、入院約1.2ヶ月、通院約16ヶ月の長期間の治療を要しました。

しかし、嗅覚は戻らず、その後、後遺症認定を受け、嗅覚を脱失したものとして、後遺症12級相当という結果となりました。

ほどなくして、加害者の保険会社から示談金の提示がありましたが、納得がいかず、当職に相談という運びとなりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

11級

眼や歯、耳、手足、脊柱、腹部などに障害を残すもので1号から10号まで分類され、労働能力喪失率は20%に設定されています。

両眼の眼球やまぶたに著しい運動障害を残す、1手の人差指、中指又は薬指を失ったものなどが該当します。自賠責基準の慰謝料は135万円、支払限度額は331万円となっています。

11級の事例

併合11級

紛争処理センターを利用し、1000万円を超える賠償額を獲得した事例
<群馬県・男性・50代・会社員>

最終示談金額:1139万7637
後遺障害等級:併合11級

事故の状況

Aさんは丁字路を自転車で直進進行中、Aさんの右側からこの丁字路を右折進行しようとしてきた自動車に衝突され、胸椎圧迫骨折、肋骨骨折、頚椎捻挫等の重傷を負いました。

傷病名:頚椎捻挫、両上肢末梢神経炎、第9胸椎圧迫骨折、左Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ肋骨骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

諦めずに異議申立てをして併合11級を獲得
<大阪府・男性・60代・会社員>

最終示談金額:1621万円
後遺障害等級:併合11級

事故の状況

Nさんは、歩道のない道路の端を歩いていたところ、後方から走行してきたバイクに跳ねられてしまいました。

傷病名:急性硬膜外血腫・耳鳴症

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

逸失利益について判例の検討、十分な証拠の収集を重ね、適切な賠償額を獲得!
<大阪府・男性・40代・会社員>

最終示談金額:1600万円
後遺障害等級:併合11級

事故の状況

Sさんは、自転車に乗って山道を走行していたところ、カーブに差しかかった際に、反対側から大きく道路の中央をはみ出して走行してきた自動車に衝突され、第9第10胸椎圧迫骨折、抹消神経障害、頸椎捻挫という大きな傷害を負いました。事故当初から9日間の入院をし、約1年4ヶ月間、通院治療を行いました。

傷病名:頸髄損傷、第9・10胸椎圧迫骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

歩行中に自動車に衝突され脱臼骨折、裁判外和解で慰謝料等が約1.8倍に(後遺障害併合11級)

最終示談額

12,979,199円

傷害状況

骨盤骨折ほか

後遺症認定

併合第11級

治療期間

1年3ヶ月

解決方法

裁判外での和解

交渉期間

約5ヶ月

交通事故の概要

Iさん(60代・女性/主婦)は、秋田県鹿角郡にて、信号のない交差点の横断歩道を歩行中、前方不注意の自動車に衝突され、骨盤骨折、右大腿骨顆上骨折、左足関節脱臼骨折、左上腕骨骨幹部骨折、両側血胸などの大ケガを負いました。

この交通事故により、被害者Iさんは、症状固定まで約1年3ヶ月間もの入通院治療を要しました。総治療期間のうち入院期間は7.1ヶ月です。

しかし、これほどの長期治療を経ても、右太腿部や右膝、左足関節に痛みが残ってしまいました。

被害者Iさんは、症状固定後、相手方任意保険会社を通じて、自賠責保険に後遺障害の等級認定請求を行いました。 その結果、後遺障害の等級は、第12級7号「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」、及び第12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」に該当するものとして、併合第11級が認定されています。
後遺障害等級認定の結果が出た後、被害者Iさんのもとに、相手方任意保険会社から損害賠償額の計算書が送られてきました。

被害者Iさんは、本件交通事故に遭う以前、膝前十字靱帯損傷を負っていて、かかりつけの病院で、人工膝関節の入替を行う予定でした。

当時は、膝に装具を掛ければ難なく歩けていたにもかかわらず、本件交通事故に遭い、脱臼・骨折等のケガを負ってからというもの、それらの治療が終了した後もなお、杖を使わずには歩けなくなり、事故以前より予定していた人工膝関節の入替も出来るかどうか分からない状況となりました。

このような状況から、被害者Iさんは、相手方任意保険会社から提示された損害賠償額が妥当な金額なのか、不安になってしまいました。

数日悩んだ末、「示談に応じる前に、交通事故を専門的に扱う弁護士へ相談しよう」と考え、インターネット検索にて、当弁護士のホームページを見つけ、無料相談に至りました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

トラックに跳ねられ左足を骨折した交通事故事例(後遺障害併合11級)

最終示談額

13,467,528円

傷害状況

左足首・左足指骨折

後遺症認定

併合第11級

治療期間

入院含め20.2ヶ月

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約2ヶ月

交通事故の概要

Kさん(29歳/会社員)は、北海道釧路市で、路上にて業務中に、前方不注意のトラックにはねられ、左足首と左足指を骨折するという重傷を負いました。

この件については、Kさんにも過失があり、割合はKさんが30パーセントとなっていました。

この交通事故により、Kさんは、5.2ヶ月にも及ぶ入院治療の後、さらに15ヶ月に及ぶ通院治療を行って治療を終了し、症状固定となりました。

治療終了後、左足に機能障害が残ったKさんは、加害者の任意保険会社を通じて自賠責保険への後遺症認定請求を行い、結果として後遺症12級7号(1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの、及び、後遺症13級10号(第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの)が認定されました。

13級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を1級繰り上げることになりますので、Kさんの後遺障害等級は併合11級となります。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

信号待ちで停車中に激しく追突され胸椎圧迫骨折を負った事例 (後遺症併合11級)

最終示談額

19,194,377円

傷害状況

胸椎圧迫骨折ほか

後遺症認定

併合第11級

治療期間

入通院325日

解決方法

交渉による示談

交渉期間

1ヶ月

交通事故の概要

Iさん(30歳/建設会社勤務)は、仕事のため、新潟県に赴いていたところ、赤信号で停車中に後方から走行してきた自動車にノーブレーキで激しく追突されました。

追突ですから、Iさんが交通事故を防ぐすべはなく、相手方加害者の過失100パーセントとなります。

この交通事故により、Iさんは、胸椎が圧迫骨折し、首と腰にむち打ち症状(頚椎捻挫・腰椎捻挫)が発症しました。
Iさんは23日間の入院を要し、302日間(通院日数120日)の治療の末、治療終了、症状固定となりました。

治療終了後も、胸椎、首、腰に痛みが残ったIさんは、任意保険会社を通じて自賠責保険への後遺症(後遺障害)認定請求を行い、結果として、胸椎の圧迫骨折については後遺症11級7号(脊柱に変形を残すもの)、腰については後遺症14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

下肢欠損障害、醜状障害 過失割合、逸失利益において当事務所の主張が認められ、1800万円で解決

ご依頼者 20代 会社員

事故状況 歩行者対車

受傷部位 足指切断

後遺障害等級 併合11級

相談時

交通事故の被害回復について今後どのように進めたら良いか悩んでいるとご相談にみえました。相手方保険会社は被害者に4割過失があると主張していました。

解決

相手方保険会社が一切認めないと主張していた逸失利益が認められ、1800万円で解決。

当事務所の対応

事故発生から10年以上たっていましたが、丁寧に資料を収集することにより、事故発生当時の状況をつきとめ、それらの事情をもとに過失割合の交渉を重ねました。依頼者に発生していた醜状障害は「逸失利益」の賠償が認められないケースが多いですが、逸失利益の賠償が認められた判例を調べ、本件と一致する事情を粘り強く主張することによって逸失利益の賠償を認める内容で解決に至りました。

東京みずき法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

11級7号

同乗中の自損事故で、むちうち・顔面醜状の傷害を負った事例 (後遺症11級7号)

最終示談額

15,662,106円

傷害状況

顔面醜状・頚椎捻挫 ・腰椎捻挫ほか

後遺症認定

11級7号

治療期間

974日(内86日入院)
※実通院日数:49日

解決方法

交渉による示談

交渉期間

3ヶ月

交通事故の概要

東京都品川区の路上にて、友人の自動車に同乗してドライブの最中、運転者である友人が不注意による自損事故を起こし、負傷してしまった交通事故の事例です。

この交通事故でDさん(20代・男性/会社員)は、腰椎捻挫・圧迫骨折したほか、頚椎捻挫(けいついねんざ)、顔に外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)の大ケガを負いました。

腰椎捻挫と頚椎捻挫は、いわゆる「むちうち症」「むちうち損傷」のことです。

被害者Dさんのケガの状態は非常に重く、その治療に要した期間は、なんと974日。

そのうち、86日間もの入院治療が必要となりました。退院後、実際に通院した日数は49日です。

症状固定後、後遺症の等級認定請求を行ったところ、11級7号(脊柱に変形を残すもの)という高い級が認定されたため、被害者Dさんは、保険会社との示談交渉に関し、交通事故の専門家に相談することを決意されました。

被害者Dさんは、任意保険に弁護士費用特約を付加していませんでした。

そのため、できるだけ弁護士報酬を抑えられる法律事務所に相談したいと考え、インターネットで【着手金なし】【基本料金なし】とする弁護士を検索したところ、当弁護士のホームページを見つけ、まずは、メールフォームからの無料相談を利用されることになりました。

当弁護士は、被害者Dさんからのご相談メールを拝見後、お電話で交通事故の概要や状況などの詳細をヒアリングしました。 被害者Dさんは東京都内にお住まいの会社員でしたが、ケガの影響で体調が優れず自宅療養中でしたので、資料はメールにてお送りいただきました。

当弁護士は、被害者Dさんから資料を受領後、さっそく適正な金額について検討しました。

被害者Dさんに、示談金増額の見込みや完全出来高報酬(当弁護士独自の料金システム)についてお伝えしたところ、「弁護士費用特約がなくても費用倒れすることなく、保険会社との示談金額を増額させたい」ということで、受任に至りました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

同乗中の自損事故で、むちうち・顔面醜状の傷害を負った事例 (後遺症11級7号)

最終示談額

14,795,644円

傷害状況

腰椎圧迫骨折ほか

後遺症認定

11級

治療期間

235日
(内25日は入院)

解決方法

裁判による解決

交渉期間

6ヶ月

交通事故の概要

千葉県千葉市の路上にて、Pさん(20代・女性/会社員)が自転車で走行中、横断歩道付近で自動車にはねられた交通事故事例です。

被害者側Pさんの負ったケガ(傷害)は、第一腰椎圧迫骨折、臀部打撲でした。

交通事故に遭われた直後、25日間の入院治療を受け、その後は210日もの通院治療を要しました。

入院期間を含め、総治療期間は235日となりました。

治療終了後、自賠責保険への後遺障害認定請求により、後遺障害11級7号(脊柱に変形を残すもの)という高い等級が認定されています。

後遺障害が認められた後、相手方保険会社からPさんのもとに、示談案の計算書が届きました。

Pさんは、長期治療を要するほどの重傷だったにもかかわらず、示談金額が低すぎるのではないかと疑問に感じ、自ら交渉を試みましたが、被害者本人による交渉は困難であると判断。

交通事故被害の専門家である弁護士に相談することを決意しました。

完全出来高報酬制(“増額部分”の一定割合が弁護士報酬となるため費用倒れの心配は一切無用)とする当弁護士の報酬体系に、安心感を覚え、電話相談を経て、ご依頼いただく運びとなりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

10級

眼や耳、歯、手足などに残った傷や障害など1号から11号まで分類され、労働能力喪失率は27%。1眼の視力が0.1以下、14歯以上に対し歯科補綴を加え、咀嚼機能または言語機能に障害が残るなど障害レベルが中程度のものが該当します。

自賠責基準の慰謝料は187万円、支払限度額は461万円となっています。

10級の事例

併合10級

弁護士の介入により早期かつ大幅な増額を実現!
<千葉県・男性・50代・会社員>

最終示談金額:2300万円
後遺障害等級:併合10級

3

事故の状況

Sさんが助手席に乗っている車が交差点に差し掛かり右折しようとしたところ、直進してきたトラックと衝突してしまい、Sさんは骨盤骨折、左肺破裂、くも膜下出血等の大怪我を負ってしまいました。

傷病名:外傷性くも膜下出血、腰部脊柱管狭窄症、骨盤骨折

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

10級11号

保険会社の提示額より110万円以上増額しました。
<埼玉県・男性・80代・無職>

最終示談金額:690万6113円
後遺障害等級:10級11号

事故の状況

信号機のない交差点にて、自転車に乗っていたAさんが横断歩道を渡っていたところ、渡りきる直前に、左方から進入してきた自動車に衝突されて転倒しました。

傷病名:右大腿骨頸頸部骨折(人口骨董置換術)

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

バイク走行中、車に衝突されて足関節内果骨折等を負った事例 (後遺症10級11号)

最終示談額

25,535,608円

傷害状況

右足関節内果骨折・頸椎捻挫

後遺症認定

10級11号

治療期間

約7ヶ月

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約8ヶ月

交通事故の概要

東京都墨田区の路上にて、自動二輪車(バイク)で走行中、駐車場から安全確認をせず公道に出てきた自動車に衝突され、大ケガを負った交通事故事例です。

この交通事故で、バイクに乗っていた被害者側のWさん(30代・男性/会社員)は、右足関節内果を骨折し、また、むちうち症(頸椎捻挫)を負いました。
被害者Wさんは、病院で7日間の入院治療を受け、その後、7ヶ月間の通院治療を経て、症状固定となりました。
「症状固定」とは、入通院治療を続けても、それ以上、ケガの症状が回復しない状態になったことをいいます。

被害者Wさんは、症状固定となった後、自賠責保険に対して後遺症認定請求を行いました。
その結果、足首の関節に、後遺症10級11号(1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)が認定されました。

後遺症10級11号が認定された後、ほどなくして、被害者Wさんのもとに、相手方保険会社から損害賠償金の計算書が届きました。
その計算書は、「被害者Wさんにも2割ほどの過失がある」といった内容になっており、被害者Wさんは、相手方の主張に納得することができませんでした。

そこで、被害者Wさんは、示談額について相手方保険会社と交渉したいと考えたものの、仕事が忙しく、交通事故分野に特化した弁護士に相談することを決意。
インターネット検索により当弁護士のホームページを見つけた被害者Wさんは、弁護士費用特約が無くても安心の「完全出来高報酬制」といった料金体系に惹かれ、お電話にてご相談いただくこととなりました。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

10級10号

納得の金額で示談成立
<島根県・女性・50代・主婦>

最終示談金額:1761万円
後遺障害等級:10級10号

事故の状況

Aさんは、歩道を自転車で走行中、コンビニの駐車場から出てきた自動車に衝突されました。

傷病名:左肩関節唇損傷、左肩関節拘縮、胸郭出口症候群

ベリーベスト法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る

10級

バイクで走行中、駐車場付近で右折車にはねられた事例 (後遺症10級10号)

最終示談額

9,482,866円

傷害状況

左上腕部骨折

後遺症認定

10級10号

治療期間

261日(入院13日)

解決方法

交渉による示談

交渉期間

2.5ヶ月

交通事故の概要

山梨県富士吉田市の路上にて、バイクで走行中、反対車線を走行してきた自動車が右折して駐車場に入る際、不注意によりMさんのバイクを見落とし、衝突させてしまったという交通事故の事例です。

Mさんは、この交通事故により「左上腕部骨折」という重傷を負い、入院13日、症状固定までの治療期間261日という長期の治療を要しました。

治療終了後は、自賠責保険に対して後遺障害(後遺症)の認定請求を行い、「左肩関節の機能障害」として、後遺症第10級10号が認定されています。

やよい共同法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る