交通事故に強い弁護士事務所ナビ【東京編】 » 弁護士介入による交通事故解決事例 » 等級別の事例 » 3級

3級

ここでは交通事故による後遺障害等級3級についての主な障害内容や慰謝料の目安、事例などを紹介しています。

後遺障害等級3級とは

交通事故による後遺障害は労災保険の障害認定の基準をもとに部位や程度によって1~14級までの等級に分かれています。

後遺障害等級3級とは眼、口、腹部、手など身体だけでなく神経・精神に障害を残すもので、部位により1号から5号まで分類されています。労働能力喪失率は100%なので社会復帰して働くことはできない状態です。

自賠責基準の慰謝料は829万円、支払限度額は2,219万円に設定されており、同じ労働能力喪失率は100%である第1級や第2級に比べると金額は低くなります。そのため保険会社と考え方が食い違い3号の認定に落ち着くまで時間がかかることがあります。

主な障害

1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの(眼)
2号 咀嚼又は言語の機能を廃したもの(口)
3号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの(神経・精神)
4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの(胸腹部)
5号 両手の手指の全部を失ったもの(手)

1号の視力が0.06以下というのは裸眼視力ではなく矯正視力のことです。メガネやコンタクトレンズを装着してもほとんど視力を得られない状態です。

2号の咀嚼を廃すとは流動食しか食べられない状態です。言語は口唇音、歯舌音、口蓋音、咽頭音の中で3種類の発音ができないレベルです。このどちらかが該当する場合に3級2号が認定されます。

3号の神経や精神の著しい障害とは記憶力や注意力の低下が見られ、何とか日常生活が送れるものの人間関係維持能力も無いため仕事をするなど社会復帰はできません。また外傷性てんかんの発作で終身労務ができないケースでも認定されます。

4号の胸腹部臓器の機能に著しい障害とは主に呼吸器系や循環器系の臓器に障害が残り、日常生活はかろうじてできたとしても生涯にわたって仕事復帰など社会生活ができなくなる状態のことを言います。

5号は両手の手指の全部を失ったものということですが、親指なら第1関節、他の指は第2関節より先を失った場合にもこの3級5号が認定されます。

後遺障害等級3級の事例

被害者 属性 年収 男性 会社員 550万円
事前提示額 100万円程度
過失割合 被害者20%加害者 80%
傷病名 3級 左上下肢不全麻痺 腰椎捻挫
入院日数 110日
通院期間/実通院日数 420日/30日
治療費 358,000円
入院雑費 125,000円
付添看護費 452,000円
通院費 102,500円
休業障害 1,900,000円
入通院慰謝料 1,900,000円
後遺症慰謝料 17,000,000円
後遺症過失利益 29,590,000円
過失相殺 △10,285,500円
合計 41,142,000円

大本総合法律事務所より引用

公式HPで
事例の詳細を見る