交通事故に関わる保険

ここでは、主要な交通事故保険の他、弁護士費用特約や無保険車傷害保険といった交通事故に際して使う保険を紹介しています。

主要な交通事故保険

一般的に知られている交通事故保険は、以下の2つです。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

全てのドライバーが加入しなければならない強制保険です。人身事故にだけ適用されます。支払われる金額の限度額は、傷害で120万円、死亡に対しては3,000万円、重度後遺障害に対しては4,000万円です。

対人賠償責任保険(任意保険)

加入は義務付けられていませんが、自賠責保険で補いきれない事故に備える保険です。交通事故で乗車中の人や歩行中の人をケガさせたり、死亡させたりしたときの法律上の損害賠償に対し、自賠責保険を越える部分に保険金が支払われます。

この他にも、他人の車やモノなどの財物に損害を与えた場合に支払われる「対物賠償保険」や、車に搭乗中の人が死亡または傷害を負った場合の保険である「搭乗者傷害保険」、単独事故や相手の過失がゼロである交通事故で支払われる「自損事故保険」といった保険があります。

無保険車傷害保険について

交通事故に巻き込まれて後遺傷害を負ったり身内が死亡してしまった場合で、相手が「無保険車」で賠償金の支払能力が無い場合は困ってしまいますよね。

こうした無保険車に対して、自分が契約している対人賠償保険と同じ額の範囲内(無制限の場合は2億円が限度)で、相手が負担するべき損害賠償の不足分を補償してもらえるのが無保険車傷害保険です。

無保険車の条件は以下の4つになります。

  • 任意保険の対人保険が付いていない車。
  • 対人保険は付いているが、泥棒運転・年齢条件・家族限定特約などの条件違反などで保険がおりない場合。
  • 対人保険は付いているが、その保険金額が被害者の損害額に達しない場合。
  • ひき逃げなどで加害者不明の場合

任意保険への加入はドライバーの義務といえるほど重要なものですが、実際には約15%の人が未加入で車を運転しているのが現状です。無保険者との事故は決して他人事ではありませんので、しっかりと対策を講じておきましょう。

弁護士費用特約はつけるべきか?

弁護士費用特約とは、交通事故に巻き込まれた場合、弁護士に相手との交渉を依頼した際の費用や訴訟費用などを補償するもの。

任意保険に加入すると自動的に付帯している場合もあるし、リスク細分型の自動車保険では、自分で選択して弁護士費用特約をつけることもできます。

この特約は弁護士に依頼するにあたり、弁護士費用の補填を約300万円程度まで受けることができるのです。被害者の費用負担を少なくすることができるだけでなく、交通事故時に積極的に弁護士を活用する意味でも有意義な特約でしょう。

この弁護士費用特約が活躍する場面は、実は自分が一切悪くない「もらい事故」の場合です。通常相手方の過失が100%の場合、被害者は自分の保険を使って示談交渉ができません。そのため交渉は被害者本人が加害者側(加害者本人や保険会社)とすることになります。

相手が非を認めて示談をしてくれれば良いのですが、現実はなかなかスムーズには事が運ばないもの。こうした場合、弁護士が活用できて代理で交渉してもらえれば、肉体的にも精神的にも有り難いはずです。

交通事故以外にも、歩行中の事故や家族も保証の対象になるので、加入するメリットは大きいと言えます。

無料で相談できる!交通事故に強い弁護士事務所5選